DEFENDER-X
不審者事前検知ソフト

防犯監視システム『DEFENDER-X』とは


カメラ映像から自動解析し不審者を事前検知はもとより記録画像からの事後解析も可能にしたシステム。

犯罪未然防止


DEFENDER-Xの特長

カメラ映像から不審者を瞬時に事前検知し犯罪を未然に防止


防犯監視システム『DEFENDER-X』は人の精神状態(感情)を自動解析し犯罪の可能性がある人物などを事前に検知するシステムです。
既存の防犯システムへの付加もでき、用途に合わせて様々な活用が可能。新たな次世代の技術で安心・安全な社会づくりを貢献します。

不審者検知

DEFENDER-XとS@GUARDの連動

S@GUARD Hyper Edition


次世代の防犯セキュリティソフト“DEFENDER-X”と“S@GUARD Hyper Edition”を連動させる事で
監視カメラシステムでの一元管理が可能です。不審者として検出した人物を、顔認証システムマーサスに登録しておけば
次回来場時にアラームで通知。またS@インカムとの連動では当該人物の画像をインカムに送信可能なので、
端末所持者との情報共有が出来、防犯レベルが格段に上がります。

犯罪解析検知表示

お問い合わせ





DEFENDER-XとS@GUARDの連動

DEFENDER-X テロ窃盗犯人解析

DEFENDER-Xの運用実績

ソチオリンピック・監視カメラ

数値が示す信頼性
お問い合わせ





DEFENDER-X